最低限の知識を持とう
お茶を飲む女性

抗がん剤を使った治療が行われるようになっていますが、気になるのが価格です。抗がん剤の治療費を計算する際には患者さんの体の大きさがポイントになります。標準的な使用量が体重や体表面積によって決められるようになっているからです

Read more

さまざまな効果がある
ブルーベリーとライス

歳を重ねるうちに代謝が減り、脂肪の蓄積が悩みの種になる方も多いようです。最近そんな中高年に人気なのがキトサンサプリです。今後高齢者がますます増える現代社会において、さらに需要が見込まれる栄養補助サプリと言えます。

Read more

美味しい野菜

新薬についての知識が必要

ミルク

癌は、手術による摘出が行われることが基本的な治療法ですが、摘出できたからといってそこで治療が終了するわけではありません。取りきれなかったがん細胞や、転移している可能性もある場合には、術後には放射線治療や抗がん剤治療が始まります。これにかかる治療費は、どのような抗がん剤を使用するかということによっても大きく異なってきます。また、癌が出来る部位によっても、効果があるとされる抗がん剤は異なります。一般的に見て、手術後の抗がん剤治療は、薬だけを見ても平均的に月に5万円程度はかかります。放射線治療やほかの治療も合わせるとひと月にかかる費用はもっと高くなります。また、抗がん剤はがん細胞を攻撃する働きがありますが、同時に正常な細胞をも攻撃してしまうために、吐き気や抜け毛といった副作用が強く起きる場合もあります。場合によっては体力に著しい低下を招く恐れもあるために、より副作用の少ない新薬を選ぶことも可能になっています。ただし、その分費用は高くなります。

一般的な抗がん剤は、健康保険が適用されるために、69歳までは3割の負担になります。それ以上の年齢の場合は2割、1割と段階的に負担率は下がっていきます。しかしこれは日本での承認がされている薬剤に対してのみ適用です。海外では使用されており、より副作用の少なく効果も高いとされているような国内未承認の治療薬では、実費負担となるために注意が必要です。しかし、副作用を減らしたり、より高い効果を望むことは患者や家族であれば当たり前のことです。そこで、高額医療費制度をうまく利用することにより、治療費を抑えることが出来ます。また、抗がん剤による副作用を減らすことは、サプリメントの併用でも効果があります。サプリメントはがんを治療するものではなく、健康補助食品の役割です。がん患者の多くは、抗がん剤の副作用により食事がバランスよく摂れなかったり、体力が弱っていたりします。それを補い、抗がん剤の治療効果を高めるために飲むのが、サプリメントの併用なのです。ただし、サプリメントの効果には、薬剤と相性の悪いものもありますから、必ず医師と相談のうえ併用するようにしましょう。

我慢したくない方へ
数種類の野菜

イエットはしたいけれど、油っこいものを全く食べなくなるのはストレスが溜まってしまうと思ったら、キトサンサプリを試してみてください。キトサンサプリを飲んで少しでも脂肪などを体に吸収させないようにできます。

Read more